プロテオグリカンの効果など

プロテオグリカンをコスメに訴える仕事もあります。

ひたむき保水だけならグラスオールとか、「ヒアルロン酸の〜ダブルの保湿人気」etcを
アピールする品は多いんですけど、プロテオグリカンはEGFくん衝撃も期待できる内容が大きいです。

 

というわけで、保湿+アンチエイジングの決め手として未来が期待される
プロテオグリカン入りコスメですが、栄養剤一緒一番大事なのはやっぱ調合量。

 

プロテオグリカン以外で水増しされたものは要注意です。

 

 

プロテオグリカンと言うと聴きなれない方も多いかと思いますが
グルコサミンやコンドロイチンならほとんどの方がご存知かと思います。
プロテオグリカンは、要するにその2つの親玉だ。

 

主な効果は、一言でいうなら保湿とEGF君ベネフィット
…と言われても「?」だと思うので、順を追って注釈します。

 

まるで、惜しくも厳密に言うと、プロテオグリカンはグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など
名だたるビューティーコスメティックスで有名なもとを構成要素とする、細胞の折や真皮、軟骨に数多くあるもとだ。

 

保水力が非常に激しく(ヒアルロン酸より冒頭)軟骨が水分を保ってなめらかに動けたり、
細胞が水分を保って正常に活動できるのも元はといえばプロテオグリカンのおかげなんですね。

 

しかもEGF君ベネフィットによって、細胞の若返りにも追い風します。

 

EGFは肌の細胞を足したり育成させたり講じる素因ですが、
加齢と共にこれが減少する結果、肌が衰えているんですよね。
その代わりをつとめてくれるのがプロテオグリカン。

 

 

EGF君ベネフィットというのは「EGFの様に作用する」ことなんです。
詰まりプロテオグリカン=EGFではないものの、
EGFとおんなじ役割を果たして得るわけですね。

 

なので、アンチエイジングのエースとして
化粧品に使われたり、ロコモ方策(関節痛方策)として
グルコサミンやコンドロイチンと同感覚で栄養剤に使われます。