ビタミンC誘導体は、従来のビタミンCに比べると把握テクノロジーが違う!

ここでは、肌トラブルの前進に役に立つ美貌もと、ビタミンC誘導体についてご紹介します。

 

果実や野菜などに手広く塞がり、誰もが知っているもとにビタミンC。美肌働きも非常に激しく、美容白働き、シワやたるみの防護、毛孔のデメリット、にきびの前進などさまざまな効果が期待できる結果、エイジングケアにも欠かせないもとのひとつになっていらっしゃる。

 

ちなみにビタミンCの本肩書きはL-アスコルビン酸。抗酸化活動(還元活動)があるため、退化を促す活性酸素を消去してくれる柄、酸化したビタミンEを甦生講じるスキルまで持ち合わせるのです。素肌の退化は、すなわち素肌の酸化!エイジングケアを立ち向かう上で、最も重要なファクターの一部が抗酸化ものであることは間違いありません。

 

また、ビタミンCというと“ミールから入れるから無事”と考えがちですが、隙は禁止。口から摂取したビタミンCは尿と一緒に排泄されてしまい、体内に長く残ってはくれません。とりわけドリンク、栄養剤で摂取したビタミンCの排泄は非常に手っ取り早いだ。グングン、毎日の必要摂取量は100mg(タバコ人間はそれ以上)ですが、レモン1個に留まるビタミンCは少し20mg。加熱した野菜系統もビタミンCの配合容積が大幅に鎮まるので、決して充分な容積を摂取しているとは限りません。

 

本気でアンチエイジングを感じ取るのであれば、正邪、化粧品から“素肌に直接的ビタミンCを補給する”という対応を取り入れて頂ければ幸いです。

 

ビタミンCの働きとはどんなものがいらっしゃる?

 

シワ、たるみの防護・破棄
コラーゲンの形成を促進して素肌の弾性、ハリを打ち出す効果があります。また、セラミドの組立ても促進させる働きと歓喜を保つことも◎
染み、くすみの防護・破棄
メラニン色素還元、メラニン色素形成ご法度活動。また、UVによる活性酸素を除く働きも。
アンチエイジング働き
素肌の退化の原因のひとつである活性酸素を除くおっきい抗酸化活動があり、若々しさを保つ。
にきびの防護・破棄
皮脂ご法度活動があり、にきびの原因となる過剰な皮脂の分泌を牛耳る。また、炎症を押さえ付ける働きがありにきびの乱調、それに伴うにきび痕を防ぐ。
風貌のたるみ便利ウォッチング法はこっち

 

ビタミンCは、そのままでは化粧品には使えない…

 

ありとあらゆる効果が期待できるビタミンCでも、実はマイナスがあります。

 

それは、匂いに触れると酸化し、水に解かすと活性がなくって仕舞うという会社。どんどんビタミンCそのものを素肌につけても邪魔機能により、スキンの奥深くまで浸透しないのです。

 

そして、励みが著しい結果センシチブ素肌のお客は肌トラブルを起こしてしまうことも。これでは、やけにじゃないですが化粧品として払えるわけがありません。

 

そこで開発されたのがビタミンC誘導体だ。ビタミンC誘導体はビタミンCの美肌働きを持ちながら、マイナスを克服した真新しいもとだ。そしてこれによりエイジングケア化粧品に大きく使われるようになったのです。

 

ビタミンC誘導体の習性を調べてみました。

 

角質範疇まで浸透する
ビタミンCは素肌の普及技能が酷いのですが、ビタミンC誘導体は普及技能も素晴らしく角質範疇まで浸透するので素肌の奥深くから素肌を対応行なう。
抗酸化活動が良い
がんらいビタミンCは抗酸化作用があるのですが、酸化しやすい特徴があるのでその働きがスタートされ辛いだ。ビタミンC誘導体は、酸化しにくい結果強力な抗酸化活動を発揮します。
会得性・リライアビリティがいる
水に溶け易いマイナスがあり、直ちに流れて仕舞うビタミンC 。ビタミンC誘導体は、素肌に浸透してからビタミンCとなるので、働きが会得・安らぎます。